Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/cleanworks/www/column/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/cleanworks/www/column/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/cleanworks/www/column/wp-includes/plugin.php on line 601

八潮市が「ごみ屋敷」を強制撤去できる条例を公布


八潮市

「ごみ屋敷」への対策に、全国の自治体が動き出しています。
埼玉県八潮市もその一つ。2016年6月20日、近隣住民に迷惑をかける「ごみ屋敷」のごみを、市が強制的に撤去できる条例を公布しました。
条例の正式名は、「八潮市まちの景観と空家等の対策の推進に関する条例」です。
これまで、同様の条例は、東京都足立区、大阪市、京都市が制定していますが、埼玉県では初めてのものです。

詳しく見てみる

「海ごみ」は、街でのポイ捨てが原因です。


海のゴミ

「海ごみ」という言葉を、聞いたことはありませんか?
今、世界の海をかつてないほど汚染しているのは、私たちの暮らしから出るこの海ごみなのです。
2016年1月に開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)で、ショッキングなレポートが発表されました。
「毎年800万トン以上のプラスチックのごみが海に流出している。
このままなら、2025年には、海の魚3トンに対してプラスチックごみが1トンに。
2050年はプラスチックごみが上回る」。

海ごみ対策を呼びかける東京都環境局の資料から、
この深刻な状況をまとめてみました。

詳しく見てみる

京都発の「エコ修学旅行」で、生きた環境教育を。


京都

「京都議定書」発祥の地である京都。 今、この環境都市で、市内を巡る修学旅行生に向けた 「エコ修学旅行」の取り組みが行われています。一つは京都市、もう一つは地元NGOが企画するものです。 観光都市でもある京都市は、祇園祭など観光客の急増で、ごみの不法投棄や、名所旧跡に落書きが増えるなどの環境の悪化が深刻です。 そうした状況を改善するためにも、これら2つの試みは、市内外を巻き込んだ環境啓蒙活動となることが期待されます。

詳しく見てみる

ページトップへ